[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 行政情報 砂糖の需給関連情報 > 平成18年産てんさい生産費

平成18年産てんさい生産費

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報

農林水産省から
[2007年9月]


大臣官房統計部



◎平成18年産てんさい生産費
〜平成18年産てんさいの10a当たり全算入生産費は、1.5%増加 1t当たり全算入生産費は、7.2%増加〜

 統計部は8月10日に平成18年産てんさい生産費を公表しましたが、内容は以下のとおりです。

【調査結果の概要】

  1. 平成18年産てんさいの10a当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」という。)は9万7,281 円で、前年に比べ1.5%増加し、1t当たり全算入生産費は1万6,694円で、10a当たり収量が減少したことから前年に比べ7.2%増加した
  2. 10a当たり全算入生産費が増加したのは、病害虫の発生により農業薬剤費が増加したことや、原油価格の高騰により光熱動力費が増加したこと等による。
  3. 10a当たり粗収益は、収量が減少したこと等から前年に比べ6.8%減少し9万4,397円となった。
図1 さとうきびの収穫面積

表 平成18年産てんさいの生産費及び収益性
注:集計戸数は、110戸である。


本統計結果で使用している統計表は、以下のアドレスからデータとしてご利用いただけます。
http://www.maff.go.jp/toukei/sokuhou/data/seisanhi-tensai2006/seisanhi-tensai2006.xls
本統計における調査の目的、調査の対象などは、【調査の仕様】P34に掲載しています。


【統計表】


1 生産費
単位:円

2 労働時間及び収益性等

3 経営概況(1戸当たり)
単位:円


【関連するデータ、情報】

てんさい生産費累年表
資料:農林水産省統計部『工芸農作物等の生産費』

【調査の仕様】

1 調査の目的
  農業経営統計調査のてんさい生産費統計は、てんさいの生産コストを明らかにし、農業行政(品目横断的経営安定対策、生産対策、経営改善対策等)の資料を整備することを目的としている。

2 調査の対象
  本調査は、販売農家(経営耕地面積30a以上、又は過去1年間の農産物販売金額50万円以上の農家)のうち、てんさいを10a以上作付けし、販売した農家を対象に実施した。

3 調査期間
この調査の期間は、平成18年1月から12月までの1年間である。

4 調査方法
  農家による現金出納帳及び作業日誌への記帳(自計申告)と職員の面接による聞き取り調査を併用して取りまとめた。

5 調査戸数 
てんさい1t当たり資本利子・地代全額算入生産費(以下「全算入生産費」という。)について、標準誤差率(目標精度)が2.0%になるように調査戸数を定め、規模階層別に配分した。調査戸数は110戸、集計戸数は110戸である。

注:調査農家のうち、調査期間中に調査不能となった農家及び過去5か年の10a当たり収量のうち、最高及び最低の年を除いた3年間の10a当たり平均収量に対する調査年の収量の増減が70%以上であった農家を除いた農家を集計対象としている。

6 集計方法
  各調査農家ごとにウエイトを定め、集計対象とする区分ごとに加重平均法により算出した。この場合のウエイトとは、作付面積規模別に抽出時における調査農家数を2000年センサス結果から求めた農家数で除した「標本抽出率」の逆数としている。

7 目標(実績)精度
てんさい1t当たり全算入生産費を指標とした目標精度2.0%について、平成18年産調査における実績精度は1.9%である。

8 用語の解説
(1) 家族労働費とは、家族労働時間に「毎月勤労統計調査」(厚生労働省)の建設業、製造業及び運輸業に属する5〜29人規模の事業所における賃金データ(都道府県単位)を基に算出した男女同一単価(当該地域で男女を問わず実際に支払われた平均賃金)を乗じて評価したものである。

(2) 自作地地代とは、その地方の類地(調査対象作目の作付地と地力等が類似している作付地)の小作料で評価したものである。

(3) 自己資本利子とは、総資本額から借入資本額を差し引いた自己資本額に年利4%を乗じて算出したものである。

(4) 「収益性」の所得及び家族労働報酬の算出方法は、以下のとおりである。
ア 所得=粗収益−〔生産費総額−(家族労働費+自己資本利子+自作地地代)〕
  ただし、生産費総額=費用合計+支払利子+支払地代+自己資本利子+自作地地代
イ 1日当たり所得=所得÷家族労働時間×8(1日換算)
ウ 家族労働報酬=粗収益−(生産費総額−家族労働費)
エ 1日当たり家族労働報酬=家族労働報酬÷家族労働時間×8(1日換算)

9 統計表の見方等
  表中に用いた記号は以下のとおりである。
  「−」 : 該当のないもの
  「△」 : 負数又は減少したもの

10 その他
  本統計結果の詳細は、追って刊行する『平成18年産 工芸農作物等の生産費』に掲載する。

  • 本統計結果は、農林水産省ホームページ中の農林水産統計データに掲載しています。【http://www.maff.go.jp/tokei.html
    分野別分類は「農業の所得や生産コスト、農業産出額など」、品目別分類は「工芸農作物」に分類しています。
  • 本統計の累年データは、農林水産省ホームページ中の農林水産統計総合データベースに掲載しています。【http://www.tdb.maff.go.jp/toukei/toukei

【問い合わせ先】
◎本統計調査結果について
農林水産省 大臣官房 統計部
経営・構造統計課 農業経営統計班
電話:03(6744)2040

◎農林水産統計全般について
農林水産省 大臣官房 統計部
統計企画課 広報普及班
電話:03(6744)2037

ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.