高収量・高品質のポイント

■単収レベルごとの栽培改善対策

項目
改善努力のレベル
これだけは実行しましょう! 単収向上のために
圃場の準備 ●30cm以上を目標にできる限り
 深耕に努める。
●サブソイラ、プラソイラ等による深耕。
 (80cmが目安)
土壌診断 ●低収圃場は土壌診断を。 ●低収圃場は土壌診断を。
土壌改良材の
施用
●毎年低単収の圃場は
 改良資材を散布する。
●苦土石灰、ケイカル等の土壌改良材を散布する。
堆肥の施用   ●完熟堆肥の投入。
●緑肥作物の栽培。
基肥の施用 ●植え付け時に必ず基肥を投入する。 ●植え付け時に必ず基肥を投入する。
●緩効性肥料の投入も検討する。(株出し萌芽のための施肥も)
畦幅の確保 ●畦幅は120cm程度に。
(茎が伸びない圃場では少し狭く)
●畦幅は120cm程度に。
(中型ハーベスタ等を使う場合は140cm以上に)
株間の確保 ●株間は25cm程度に。
(茎が伸びない圃場では少し狭く)
●株間は25cm程度に。
根付け深さ/
植え溝の切り方
●溝深さは25cm程度に深く掘り、
 覆土は浅くする。
●植え溝は深く。
●U字型の広幅溝とし、溝底は広く中高に。
土壌害虫防除 ●基肥時の農薬と除草剤散布。 ●基肥時の農薬と除草剤散布。
植え付け ●過湿・干ばつ時を避けて
 良質種苗を多めに植え付ける。
●適期の植え付け。
●採苗用圃場の設置。
●夏植えも春植えも、採苗に際しては地際で刈り取って株出しを。
除草対策 ●中耕するか除草剤を散布する。 ●生育時期に合わせた除草剤を散布する。
追肥・中耕培土 ●適期作業の実施。 
●分げつが3〜5本出ていなくても
 軽い中耕兼培土を行う。
●適期作業の実施。
●計画的な肥料投入と培土。
干ばつ対策 ●条件に適した品種を選ぶ。
●夏植え・株出しを検討する。
●少し早めに植え、管理も早める。
●7日間隔20mmのかん水。
台風対策 ●条件に適した品種を選ぶ。
●被害が大きい所は夏植えを検討する。
●早期管理の実施。
●圃場の排水対策に取り組む。
●塩害が心配される場合はかん水による除塩対策を。
株出し作業/
株出し管理の時期
●地際から刈り取る。
●収穫後は早めに枯葉除去、施肥・中耕を行う。
●収穫後1週間以内の株出し。
●ハリガネムシ対策の実施。 ●株揃えの実施。

もっともっと高収益・高品質

サブソイラ、プラソイラ等で深耕を…。

さとうきびが良く育つ土は、空気3:水3:土4の割合です。根が成長するためには、空気と水と養分が欠かせません。茎が成長し、やがて糖分を蓄える時を迎えた際も、土の中の養分、窒素、リン酸、カリ、苦土、石灰等が必要です。そのため、土壌が乾燥して硬かったり、硬盤がある土壌は、深耕によって土を柔らかくしましょう。
新植でも株出しでも、圃場の深耕によって、土の中の空気、水分、養分が増え、根の発育に役立ちます。サブソイラ、プラソイラ、プラウなどの機械を使って、できる限り深く耕しましょう。

  プラソイラ
増収と品質向上を実現

干ばつ対策として灌水を実施しましょう。

圃場からの蒸発散量は、高温期で1日当たり約7mm、低温期で約3mmです。干ばつ被害を回避するためには、生育旺盛期では1日当たり5mm程度の灌水が望まれます。
灌水量や間断日数(1回の灌漑から次の灌漑までの日数)は、土壌や地域、時期などによって異なりますので、詳しくは関係機関にご相談ください。
また、点滴灌漑は根元に対して部分的に給水するので用水量は少なくてすみます。
 なお、登熟期に水分が多すぎると登熟が抑制され、品質が低下しますので注意しましょう。
収量アップを目指す

  スプリンクラー灌水