さとうきびの主要な病害

病害メニュー 病害1 病害2 病害3 病害4 病害5 病害6
 

病害1 黒穂病
(学名:Ustilago scitaminea 英名:smut)

罹病茎の先端から薄い灰色の膜に包まれた黒色の長い鞭状物を抽出し胞子を飛散させます。
胞子の発芽適温は30℃前後です。菌の侵入は殆ど芽から行われ、若い芽ほど侵入しやすいのが特徴です。感染株は最後には全身感染するといわれ、罹病株から取った苗は、全て罹病しているものと考えられます。 春植え、新植では発病は少ないですが、株出し回数が多くなるにつれて、発病株が増え、欠株増加の一因となります。

防除法
(1)抵抗性品種を植え付ける。
(2)罹病茎は鞭状物を抽出する前に掘り取り、焼却する。
(3)多回数株出しは中止し、また発生地の周辺畑からは採苗しない。

鞭状物抽出状況
鞭状物抽出状況
被害株
被害株
側芽からの鞭状物抽出
側芽からの鞭状物抽出
 
病害2 葉焼病
(学名:Stagonospora sacchari 英名:Leaf scorch)

葉に発生します。初め黄色の小斑点を多数形成し後に赤褐色となり、連接して褐色の条斑となり、その周囲は黄色で紡錘形を呈します。
病斑はしだいに拡大し、中央部は灰褐色に変わります。病斑が古くなると小黒点(柄子殻)を散生します。後期になると病斑は葉縁に沿って伸長、拡大し、ついには葉は枯死します。
春植えより株出し、夏植えでの発生が多く、発病適温は28℃前後で、周年発生が認められますが、夏季の高温乾燥時には発病は少なくなり、秋から収穫期に増加します。
秋季に雨の多い年には多発生します。株出しでは収穫後の被害枯葉や発病稚茎が有力な伝染源となります。

防除法
(1)抵抗性品種を植え付ける。
(2)株出し栽培では、収穫後の被害葉、発病稚茎を畑の外へ搬出するか、すき込む。

病斑
病斑
多発生状況
多発生状況
柄胞子
柄胞子
 
病害3 さび病
(学名:Puccinia melanocephala ,Puccinia kuehnii 英名:Rust)

2種類のさび病が葉に発生します。P. melanocephala菌によるさび病は、葉脈に平行した褐色〜暗褐色の夏胞子堆が細長いすじ状となって現れ、これが隆起して赤褐色〜暗褐色の夏胞子を放出します。
P. kuehnii菌によるさび病は、初期には黄色の斑点状の夏胞子堆で、のちに連生して葉脈に平行したすじ状となることが多いです。夏胞子堆は隆起して黄褐色の夏胞子を放出します。病斑は後に黄褐色〜赤褐色となり、融合して大型の病斑を形成することがあります。病斑の密度が高くなると葉は枯れます。
両種とも春および秋に多発し、夏および冬には病勢がやや停滞します。窒素肥料の施用過多や通風のよくない場所で発生が多いとされています。

防除法
(1)抵抗性品種を植え付ける。


多発生圃場
多発生圃場
P. melanocephala(左葉)P. kuehnii(右葉)
P. melanocephala(左葉)
P. kuehnii(右葉)
側芽からの鞭状物抽出
上: P. melanocephala夏胞子
下:P. kuehnii夏胞子
 
病害4 モザイク病
(学名:Sugarcane mosaic virus 英名:Mosaic)

葉・葉鞘および茎の外部に現れます。特に半展開の若い葉の基部に近いところで明瞭で、古い葉では病徴がはっきりしないものが多く見られます。
病徴はウイルスの系統やさとうきびの品種により異なりますが、一般には、緑色の葉に淡黄色や濃緑色で、葉脈に沿った長さ不ぞろいな短条を生じます。
汁液伝染やアブラムシ伝染します。全身感染するため、罹病株から採苗したものはすべて罹病苗となります。
本病はイネ科のトウモロコシ・ソルゴー・メヒシバなどにも感染します。

防除法
(1)健全株から採苗する。
(2)採苗畑は周囲にモザイク病の発生が少ないところに設ける。
(3)罹病株は抜き取り、アブラムシ防除を行う。

軽いモザイク症状(左茎)
軽いモザイク症状(左茎)
激しいモザイク症状
激しいモザイク症状
 
病害5 わい化病
(学名:Clavibacter xyli subsp.xyli 英名:Ratoon stunting)

罹病株は健全株に比べ生育が劣り、新植より株出しでの被害が大きくなります。
成熟茎の地際部から3〜6節の節部を切断して観察すると、罹病茎では橙黄色に変色した維管束が小さな斑点として認められます。
本病は種苗や汁液によって伝染します。

防除法
(1)健全種苗を植える。また、多発圃場では株出し栽培を行わない。
(2)種苗を切断する鎌などはクレゾール石けん10%溶液で消毒する。
(3)調苗後の種苗を50℃の温湯に2時間以上の浸漬処理をして植える。

左:健全茎、右:罹病茎
左:健全茎、右:罹病茎
左:罹病茎、右:健全茎
左:罹病茎、右:健全茎
両側:健全株、中央:罹病株
両側:健全株、中央:罹病株
 

病害6 梢頭腐敗病
(学名:Gibberella fujikuroi var.subglutinans 他 英名:Pokkah boeng 〈Top rot〉)

発病の初期は心葉に近い葉の中下部に黄白色の斑紋が現れます。病状が進むに従い病斑は褐変し、葉が巻くなどの奇形を生じます。
本病は風により分生子が運ばれて伝染し、高温多雨の生育盛期に発生が多いです。また、窒素過多は本病を誘発します。

防除法
(1)健全種苗を植える。
(2)窒素質肥料の多用を避ける。

発病初期
発病初期
発病後期(拡大)
発病後期(拡大)
発病株
発病株