農林22号

農林22号は、2006(平成18年)に鹿児島県の奨励品種に採用されました。株出し多収に加え、早期高糖性で12月収穫も可能な品種です。


左:剥葉前の茎、右:剥葉し、日光にさらされた茎
左:剥葉前の茎
右:剥葉し、日光にさらされた茎
左:剥葉前の芽子、右:剥葉し、日光にさらされた芽子
左:剥葉前の芽子
右:剥葉し、日光にさらされた芽子
立毛状態
立毛状態

来歴組合せ KF89-66の自然受粉

 

重要特性

Ni22は、九州沖縄農業研究センターさとうきび育種研究室が育成した系統です。1995年(平成7年)に沖縄県石垣島においてKF89-66の自然受粉種子を得て、実生を養成しました。以後、特に茎数型の多収性、早期収穫適性、萌芽性に注目し選抜を重ねて育成しました。

 

・発芽、萌芽、生育初期からの茎伸長が良く、特に株出しではNiF8よりも多収。
・早期高糖で12月収穫も可能、その後の株出しも良好。


農林22号図表

●12月の収穫が可能で、その後の株出しも良好です。

●12月収穫の効率化(ハーベスタの機動性確保と高稼動効率)のためには、作付けの団地化が必要です。



Ni22の形態的特性

葉長はNCo310より長くNiF8と同程度。茎径はNCo310と同程度かやや太く、NiF8よりも細い。
茎長はNCo310、NiF8よりも長い。
農林22号の形態的特性

●他品種、特にNiF8に比べ、葉色がやや濃く、茎が細く、茎数が多い。
●葉長はNiF8と同程度ですが、NiF8よりも葉幅が狭く、葉鞘が短い。
●茎の複合色はNiF8同様ですが、NiF8よりもやや濃い。
●芽翼はNiF8よりやや大きく、NCo310よりも小さい。