[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 消費者コーナー > 消費者コーナー(砂糖) > 砂糖のレシピ集1 > 砂糖の簡単レシピ『いなり寿司』

砂糖の簡単レシピ『いなり寿司』

印刷ページ

最終更新日:2012年5月7日

いなり寿司
いなり寿司

◆材料(4人分)◆
  • 熱いご飯(米2合分)

    合わせ酢
      酢 60ml
      砂糖(上白糖) 大さじ2
      塩 小さじ2/3

  • きざみあなご 50g
  • 菜の花 1/3把
  • 煎り白ごま 大さじ1
  •  
  • 油揚げ 10枚
       水 1と1/3カップ
       砂糖(三温糖) 大さじ4
       酒 大さじ3
       しょうゆ 大さじ3

    ★かわりいなり用 2種×4個分
       でんぶ 小さじ4
       芝エビ 8本
       木の芽 8枚
  • 甘酢しょうが 10g

  • ◆作り方◆
    1. 炊き立てのご飯(昆布を入れて炊く)に合わせ酢(市販の寿司酢を使っても良い)をかけ、しゃもじで切るように手早く混ぜ合わせる。 作り方1
    2. 菜の花は、軽く塩ゆでして1cm幅に切っておく。 作り方2
    3. [1] にあなご・菜の花・ごまを加えて全体を軽く混ぜ合わせ、20等分しておく。
    4. 油揚げは、横半分に切って開き、たっぷりの熱湯で2〜3分ゆでて油抜きをする。
    5. 鍋に水・砂糖・酒・しょうゆをあわせて火にかけ、油抜きをした油揚げを入れ、おとし蓋をして煮る。汁気がなくなったら、ざるに上げて冷ます。 作り方5
    6. 寿司飯が人肌ぐらいに冷めたら [5] に詰める。
    7. 変わりいなりは、油揚げにご飯を詰め、上にでんぶ・芝エビを飾る。

    ★エネルギー 697kcal (1人分)
    ■ 甘くふっくら煮たお揚げに、あなご・菜の花を混ぜた寿司飯を詰めて春の香りを!
    三温糖を使って、油揚げをこってりした甘味に仕上げます。ひなまつりには、変わりいなりで食卓も豪華になります。


    このページに掲載されている情報の発信元
    農畜産業振興機構 企画調整部 (担当:広報消費者課)
    Tel:03-3583-8196



    このページのトップへ

    Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.