砂糖類ホームページ/海外情報

砂糖類をめぐる海外の動き
[2003年12月]

[NY市場の動き]


【NY市場の動き】

 10月のNY市場は、先物相場(1月限)が1日の6.25セントから産地筋やファンド筋の売りによって小幅に続落し続け、月末の31日には14年7月以来の最安値5.44セントで終了した。市場の状況は、タイのさとうきび生産増加に伴う砂糖の販売量増加や、ブラジルの砂糖精製所内の大量な保有在庫等にみられる供給過剰と現物需要の低迷が重なり、引き続き弱含みの展開が予想される。当月の平均は、前月の6.02セントから5.70セントと0.32セント減少した。
 また、現物相場は、3日の7.18セントを最高に下げ続け、31日は6.47セントと9月9日以来下げとなった。当月の平均は、前月の6.70セントから6.74セントとほとんど変わらなかった。
 なお、10月の1日当たり平均推定出来高は、前月の36,199枚から20,653枚と減少した。

(単位:セント/ポンド)
NY砂糖市場の動き
〔特産流通部〕
ページのトップへ


BACK ISSUES
「砂糖をめぐる海外の動き」インデックスへ

海外情報INDEXSUGARのトップへALICのページへ