[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖の国際価格の動き > 海外市場の動き[2009年2月]

海外市場の動き[2009年2月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日




[2009年2月]


【NY市場の動き】

1.NY現物相場

〜おおむね軟調に推移〜
  12月のNY市場の砂糖現物相場は、12セント台と11セント台後半を行き来する値動きで推移した。月平均値は先月より下降し、0.56セント安の12.31セントとなった。

 前月末からの流れを引継ぎ12.69セントでスタートした相場は、総じて、原油、ドルおよび株式の相場の動向に影響を受けながら、狭いレンジの中で反落、反発を繰り返し、月末に12.75セントと月初から0.06セントわずかに上昇した形で2008年の取引を終了した。

2.NY定期相場

〜10〜11セント台の値動き〜
  12月のNY市場の砂糖定期相場(3月限)は、10セント台〜11セント台の狭いレンジの中で現物相場と同様に低調な値動きを示した。月平均値は先月より0.51セント安の11.32セントとなった。

 投機筋は、ここのところの砂糖定期相場について、強材料として①世界砂糖需給の供給不足予想、②EUおよびインドの減産傾向、③海上運賃の下落などが、弱材料として①世界的景気後退による砂糖消費減少懸念、②ブラジルおよびタイの砂糖輸出の好調、③他の作物相場との比価などがあり、これら相反する市場環境と原油価格の動向やドルおよび株価の安値傾向に代表される外部環境とが眺められ、小幅な値動きの中で相場が形成されているとの見方をしている。


(単位:セント/ポンド)

NY砂糖市場の動き


【世界の需給関係情報】

1.ISO

 ISO(国際砂糖機関)は、今後18ヶ月間の国際砂糖価格が、1ポンド=9〜12セントで推移するとの見通しを明らかにした。この理由として、世界砂糖市場が3年ぶりの生産不足となる予想であり、来年度の生産不足量が推計500〜600万トンであるためとしている。
 
2.ザーニコフ

 英国の砂糖商社ザーニコフは、08/09年度の世界砂糖需給見通しについて、580万トンの生産不足になるとの見通しを示した。これは8月時点で示した330万トンの生産不足予想を250万トン上方修正するものである。同社は、また、消費面に関しては、過去の景気後退でも影響は比較的小さかったとして、砂糖にとってのファンダメンタルズは需要サイドではなく供給サイドにあると指摘した。

ページのトップへ




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.