[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 各国の糖業事情報告

各国の糖業事情報告

外部の専門家などによる、その他、WTO交渉の進捗状況や各国の糖業事情などに関する報告です。

2017年2月号

台湾のサトウキビ品種育成の現状ならびにサトウキビ野生種の自生状況

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター

作物開発利用研究領域 主任研究員 境垣内 岳雄

主席研究員 樽本 祐助

技術支援センター業務第1科 科員 羽生 道明

2016年11月号

タイ王国のサトウキビ作機械化と導入が進む中型収穫機

沖縄県農業研究センター     赤地 徹 
大東糖業株式会社       前田建二郎 
南大東島収穫機オペレーター 新城 健浩

2016年7月号

トルコの砂糖事情

調査情報部

2016年4月号

ISSCT アグロノミーワークショップ 南アフリカ大会参加報告

クムパワピーシュガー(現・三井製糖株式会社) 谷田部 治
クムパワピーシュガー 神谷 朝博

2015年10月号

東北タイでのサトウキビの多用途利用に向けて

国立研究開発法人国際農林水産業研究センター 熱帯・島嶼研究拠点
安藤 象太郎、小堀 陽一、寺島 義文

2015年8月号

米国の異性化糖の需給動向

調査情報部

2015年6月号

拡大するグアテマラの砂糖産業

調査情報部

2015年4月号

中国の砂糖産業の動向および問題点

中国農業大学 経済管理学院 教授 司 偉

2013年10月号

米国におけるサトウキビ育種と関連遺伝資源

沖縄県農業研究センター作物班 上席主任研究員 伊禮 信

2012年1月号

ISSCT第3回マネージメントワークショップに参加して

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 樽本 祐助

クムパワピーシュガー(タイ国)農務事務担当 谷田部 治

2011年8月号

世界のさとうきび育種について
〜ISSCT第10回遺伝資源・育種分野および第7回分子生物分野ワークショップ参加報告〜

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構

九州沖縄農業研究センター 作物開発・利用研究領域 主任研究員 石川 葉子

2011年1月号

ロシアの砂糖需給動向

調査情報部

2010年12月号

南アフリカ砂糖産業の概要

調査情報部調査課

2010年12月号

世界のでん粉製品需給の見通し

調査情報部調査課

2010年12月号

インドネシアの砂糖需給動向

調査情報部

2010年08月号

メキシコにおけるさとうきび産業の現状と世界の動向

琉球大学農学部 河崎 俊一郎・冨永 淳・川満 芳信

2010年8月号

EUのバイオエタノールをめぐる状況

調査情報部 調査課 係長 前田 昌宏

2010年06月号

EUにおける最近の砂糖需給動向

調査情報部

2009年11月号

世界のさとうきび栽培管理技術について〜ISSCTの第8回栽培分野ワークショップにおける現地視察報告〜

独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産草地研究所 飼料作環境研究チーム 安藤 象太郎

近畿中国四国農業研究センター 広域農業水系保全研究チーム 石川 葉子

2009年10月号

世界のさとうきび栽培管理技術について〜ISSCTの第8回栽培分野ワークショップ参加報告〜

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 広域農業水系保全研究チーム 石川 葉子

畜産草地研究所 飼料作環境研究チーム 安藤 象太郎

2008年03月号

日本と各国の家計消費支出比較

国際情報審査役  長谷川 敦

2006年12月号

歴史を踏まえたEU(欧州連合)砂糖政策の転換点〜改革の今後の動向に注目〜

農林水産省 農林水産政策研究所 国際政策部 ヨーロッパ研究室長 上林 篤幸

2006年12月号

ブラジルにおけるさとうきびの試験研究、育種の現状

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター バイオマス・資源作物開発チーム 上席研究員 松岡 誠

2006年11月号

WTO交渉中断と今後に向けて〜実質的輸出補助への対応〜

東京大学大学院 農学生命科学研究科   教授 鈴木 宣弘

2006年11月号

「OECD-FAO Agricultural Outlook 2006-2015」の概要(砂糖関連部分)〜今後の世界砂糖市場の動向〜

農林水産省 農林水産政策研究所 国際政策部 ヨーロッパ研究室長 上林 篤幸

2006年11月号

WTO農業交渉の現状と今後の展望〜機構主催の講演会から〜

講師:農林水産省 農林水産審議官 村上 秀コ

2006年10月号

米国におけるバイオエタノール政策・需給動向

農林水産省 農林水産政策研究所国際政策部 主任研究官 小泉 達治

2006年10月号

エクアドル共和国のさとうきび生産と糖業

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター バイオマス・資源作物開発チーム

重点研究支援協力員 福原 誠司

2006年09月号

タイの糖業とさとうきび研究の現状について〜ISSCTの栽培分野ワークショップに参加して〜

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター バイオマス・資源作物開発チーム 境垣内 岳雄

2006年09月号

世界のさとうきび育種について〜ISSCTの栽培分野ワークショップに参加して〜

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター 研究リーダー 永冨 成紀

2006年08月号

世界のさとうきび栽培管理技術について〜ISSCTの栽培分野ワークショップに参加して〜

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 広域農業水系保全研究チーム 石川 葉子

2006年04月号

国際砂糖価格と需給に与える要因〜ブラジルにおけるエタノール政策・需給動向〜

農林水産省 農林水産政策研究所国際政策部 主任研究官 小泉 達治

2006年02月号

ミャンマーの糖業とサトウキビ研究の現状

独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター さとうきび育種研究室 室長 松岡 誠

2005年06月号

グアテマラの糖業事情と国際甘蔗糖技術者会議第25回大会の概要〜試験研究機関と大会における育種、分子生物学分野の研究紹介〜

独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センターさとうきび育種研究室 室長 松岡 誠

2005年03月号

ベトナムの糖業とサトウキビ研究の現状

独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構 九州沖縄農業研究センター さとうきび育種研究室 室長 松岡 誠

2004年11月号

WTOの枠組み合意とその意義

九州大学大学院 教授 鈴木 宣弘

2004年04月号

EUにおける砂糖普及促進活動について

調査情報部

2003年12月号

モーリシャスの糖業概況とサトウキビ研究

国際農林水産業研究センター沖縄支所 松岡 誠

2003年01月号

タイの糖業とサトウキビ育種研究の現状

国際農林水産業研究センター沖縄支所 松岡 誠

2003年08月号

海外でのサトウキビ研究〜ISSCT第7回育種・遺伝資源ワークショップ〜

九州沖縄農業研究センター さとうきび育種研究室長 杉本 明

2002年09月号

アメリカ砂糖協会の活動紹介

糖業協会 理事 橋本 仁

2002年02月号

●国際甘蔗技術者会議に出席して〜 サトウキビ研究とオーストラリアにおけるサトウキビ生産の状況 〜[2002年2月号]

沖縄県農業試験場作物部 伊禮 信

国際農林水産業研究センター沖縄支所 寺内 方克・松岡 誠

2001年12月号

●フィジーの糖業およびサトウキビ研究の現状[2001年12月号]

国際農林水産業研究センター 沖縄支所

育種素材開発研究室 松岡 誠

2001年03月号

●インドネシアにおけるサトウキビ研究[2001年3月号]

農林水産省・国際農林水産業研究センター沖縄支所

作物育種世代促進研究室長 松岡 誠

2000年10月号

●【試験研究機関から】キューバにおけるサトウキビ研究の現状[2000年10月号]

農林水産省国際農林水産業研究センター沖縄支所

作物育種世代促進研究室長 松岡 誠

2000年09月号

●ウクライナの経済事情と砂糖をめぐる動き[2000年9月号]

釧路公立大学経済学部 教授 柴崎 嘉之

2000年06月号

●ロシアの経済事情と砂糖をめぐる動き[2000年6月号]

釧路公立大学経済学部教授 柴崎 嘉之

2000年06月号

●【試験研究機関から】タイ北部地域におけるサトウキビ野生種の調査と収集[2000年6月号]

農林水産省国際農林水産業研究センター沖縄支所

作物育種世代促進研究室長 松岡 誠

1999年05月号

●EU砂糖制度等の概要について[1999年5月号]

農産流通部・企画情報部




このページのトップへ