[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
検索
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 機構から > 地域情報交換会の開催について

地域情報交換会の開催について

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


事業団から
[2002年5月]


 去る2月21日から事業団事務所所在都市において、行政関係者、糖業関係者、消費者等、当事業団が一同に会して、平成13年度の 「地域情報交換会」 を開催しました。同会では主に消費者から砂糖について普段感じていることを率直に述べてもらった結果、行政関係者、糖業関係者、事業団にとって、今後の業務の参考となる意見が多数出されました。また、消費者の側も他の出席者から提供された情報により、砂糖に対する新たな認識が加わったようです。

企画情報部


1 開催概要
2 消費者等からの主な意見
3 全体を通して


1 開催概要

 平成13年度の地域情報交換会を、2月21日(木)から福岡を皮切りに、名古屋、関西(大阪・神戸)、札幌、那覇、関東(東京・横浜)の6ヵ所で開催した。同会は行政、国内産糖製造事業者、精製糖製造事業者、砂糖流通業者、一般消費者等が相互に情報交換を行うことによって、地域レベルにおける砂糖、砂糖制度等についての理解を深めてもらうために、12年度から開催している。
 12年度における同会議は砂糖制度の説明会と併せて行なわれたところが多かったため、制度の改正点についての説明が議題の中心であった。そのため意見交換は主として砂糖業界等と行政関係者との間で行われた。これに対し13年度は消費者との情報交換に重点を置き、農林水産省(最近の砂糖・甘味資源作物をめぐる事情について)、各農政局あるいは消費技術センター(管内の食品産業をめぐる情勢や品質表示に関わる話題)、糖業関係者(砂糖・甘味資源作物の生産サイドにおける最近の動向)及び事業団(砂糖と健康に関する話題について)等からそれぞれ話題提供が行われたのち、意見交換が実施された。
 意見交換は、砂糖に関して普段感じていることや疑問等について消費者から出された意見、質問等に対し、主に糖業関係者が回答する形を中心に進められた。

ページのトップへ

2 消費者等からの主な意見

 消費者等からの主な意見は下記のとおりである。
(1) 砂糖は体に悪いと思っていたが、この会に参加して考えが変わった。
(2) 幼児は虫歯になりやすいので砂糖を使用した菓子を与えないようにとの指導を保健所(保健婦)から受けた。保健所に砂糖の正しい知識についてのパンフレットを置いてはどうか。
(3) 事業団作成の啓発用のパンフレットを生活指導の場(病院等)や歯磨き指導の場で活用するようにすればよい、その場合のパンフレットは分かりやすく、説明しやすいものを多く作成してほしい。
(4) 砂糖の摂取は糖尿病等の生活習慣病につながるといった考え方が一般的に定着しており、消費量減少の一因となっていると考えられる。砂糖についてのPRが不足しているのではないか。
(5) 砂糖の工場見学に関する情報提供を望むとともに、てん菜、さとうきびの生産者の話を聞く機会を設定して欲しい。
(6) 砂糖に関するパンフレット類をもっと手に入りやすくして欲しい。
(7) 小学校などで砂糖に関する正しい情報を流すことを提案したい。
(8) 砂糖の安全性についての消費者の理解を深めるため、工場見学などの仲立ちを行政側がしてはどうか。(行政機関からの提案)

ページのトップへ

3 全体を通して

 地域情報交換会を通じて、日ごろ接触する機会の少ない消費者の砂糖に対する意識の把握、事業団の広報活動に対する率直な意見を収集することができた。
 砂糖に対する意識については、「砂糖は漂白されている」 「砂糖は糖尿病等、生活習慣病の原因である」 等、砂糖に対する誤解が依然として存在することが明らかとなった。消費者に対して、砂糖に関する正しい知識の提供をより一層する充実させる必要性があるものと感じられた。さらに今後は、こういった情報についての消費者のニーズを把握することにより、砂糖の正しい知識について、より効果的な広報活動を行うための方策を考えていく必要がありそうである。

13年度地域情報交換会出席者等
開催日時 開催地 出席者
2月21日 (木)
14:00〜16:00
福岡
三鷹ホール
福岡市博多区綱場町2番2号
(福岡第一ビル 7F)
地域情報モニター、消費者団体、農林水産省生産局特産振興課、九州農政局、鹿児島県農政部、福岡市市民局生活文化部消費生活センター、精製糖企業、国産糖企業、異性化糖企業、代理店、特約店等 (33名)
2月26日 (火)
13:30〜15:45
名古屋
名古屋市消費生活センター 第2研修室
名古屋市中区栄1丁目23番13号
伏見ライフプラザ10F
地域情報モニター、消費者団体、教育関係者、農林水産省生産局特産振興課、東海農政局、名古屋市消費生活センター、名古屋砂糖代理店、中部砂糖特約店協同組合、精製糖企業、国産糖企業、異性化糖企業等 (32名)
2月27日 (水)
14:00〜16:30
関西 (大阪・神戸)
ラッセホール 5F 「ハイビスカス」
神戸市中央区中山手通4-10-8
伏見ライフプラザ10F
地域情報モニター、消費者団体、生活協同組合、農林水産省生産局特産振興課、近畿農政局、神戸市市民局消費生活課生活情報センター、大阪代理店会、関西砂糖特約店協同組合、関西五日会、国産糖企業、代理店、特約店等 (36名)
2月28日 (木)
13:30〜15:30
札幌
ホテル・ポールスター札幌
札幌市中央区北4条西6丁目
地域情報モニター、消費者団体、農林水産省生産局特産振興課、北海道開発局、北海道農政部農産園芸課、札幌市市民局生活文化部消費者センター、消費技術センター小樽センター、(社)北海道てん菜協会、(財)甘味資源振興会札幌事務所、国産糖企業等 (33名)
2月28日 (木)
14:00〜16:30
那覇
沖縄県市町村職員共済組合
自治会館 1F会議室
那覇市旭町14番地
地域情報モニター、消費者団体、農林水産省生産局特産振興課、内閣府沖縄総合事務局、沖縄県農林水産部糖業農産課、沖縄県農業試験場、(社)沖縄県糖業振興会、沖縄県農業協同組合中央会、沖縄県経済農業協同組合連合会、沖縄県黒砂糖工業会、日本分蜜糖工業会、精製糖企業、国産糖企業、代理店、特約店等 (49名)
3月13日 (水)
13:30〜16:00
関東 (東京・横浜)
マツダ八重洲通ビル 9F マツダホール
中央区八丁堀1-10-7 マツダ八重洲通リビル
地域情報モニター、消費者団体、農林水産省生産局特産振興課、関東農政局、消費技術センター横浜センター、精糖工業会、、日本製糖協会、日本ビート糖業協会、日本甘蔗糖工業会、日本分蜜糖工業会、東日本砂糖特約店協同組合、精製糖企業、国産糖企業、異性化糖企業、代理店、特約店等 (75名)

ページのトップへ


BACK ISSUES

SUGARのトップへALICのページへ




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.