[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 調査報告 > 市場調査 > 砂糖の流通調査結果(平成14年10月〜平成15年3月)

砂糖の流通調査結果(平成14年10月〜平成15年3月)

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報

事業団から
[2003年9月]


 この調査は、代理店37店、特約店93店の協力を得て当事業団が行っている「砂糖の販売量調査」及び「砂糖の需要動向調査」の平成14年10月〜平成15年3月分を取りまとめた速報です。
 なお、時系列データについては統計資料を参照して下さい。
企画情報部

I 代理店の販売量調査結果
II 特約店の需要動向調査結果


I 代理店の販売量調査結果

 平成14年10月〜平成15年3月の砂糖及び液糖の販売量は、砂糖が約94万1,000トンであり、前年同期と比べると約7,000トン(0.7%)の減少となった。また、液糖は約12万9,000トンで、前年同期と比べると約4,000トン(3.4%)の増加となった。
 砂糖のうち精糖は約72万8,000トンで、前年同期と比べると約300トン減少しており、内訳では、上白糖は約2,000トン(0.5%)の減、グラニュー糖は約4,000トン(1.7%)の増、その他の糖は約3,000トン(2.2%)の減となった。ビート糖は約21万3,000トンで、前年同期と比べると約7,000トン(3.1%)減少しており、その内訳をみると上白糖は約4,000トン(16.9%)の減、グラニュー糖は約2,000トン(1.2%)の減となった。
 砂糖、液糖ともに、10、11、1、3月と過半数の月で、前年度に比べて増加傾向であったが、例年、お正月に向けての需要が高まる12月における販売量が前年を下回ったため、10月〜3月の合計では前年を下回る結果となった。また、ビート糖は、全ての月において前年の販売量を下回った。
 平成14年4月〜平成15年3月の合計では、砂糖の販売量は前年とほぼ同量の187万8,000トンとなった。液糖の販売量は、夏場の販売量が低調に推移したため約27万6,000トンにとどまり、4年ぶりに前年同期に比べ約2,000トン(0.6%)の減少となった。砂糖、液糖ともに、例年に比べて前年度からの減少が少なくなっており、砂糖の需要は下げ止まった感が見られる。
ページのトップへ

II 特約店の需要動向調査結果
用途別販売率
1) 砂糖
 前年同期と比べると、清涼飲料向けが0.6P、スーパー向け、乳製品向けともに0.2P増加し、二次卸店向け、菓子類向け、その他向けがそれぞれ1.1P、0.3P、0.2P減少した。
2) 液糖
 前年同期と比べると、清涼飲料向け、パン類向けがそれぞれ5.1P、0.6P増加し、乳製品向け、二次卸店向け、漬物・佃煮・水産練製品向けがそれぞれ2.3P、2.0P、1.0P減少した。
3) 異性化糖
 前年同期と比べると、菓子類向け、二次卸店向け、調味料向けがそれぞれ3.2P、2.8P、1.1P増加し、清涼飲料向け、ビン詰め・缶詰め・ジャム等向けがそれぞれ4.6P、1.3P減少した。
4) ソルビトール調製品
 前年同期と比べると、パン類向けが17.9P増加し、二次卸店向け、その他向け、漬物・佃煮・水産練製品向けがそれぞれ12.5P、4.0P、1.8P減少した。
5) その他の加糖調製品
 前年同期と比べると、菓子類向け、清涼飲料向けが3.9P、2.0P増加し、二次卸店向け、その他向け、漬物・佃煮・水産練製品向けがそれぞれ4.0P、1.3P、1.2P減少した。

表1 代理店の糖種別・月別販売量 (単位:トン、%)
グラフ
グラフ
注)1.( )内は精糖とビート糖の比率
注)2.液糖は実量

表2 特約店の糖種別、販売先別販売比率対前年同期比 (単位:%、p)
グラフ

図1 砂糖の総販売量の推移(液糖除く)
グラフ

ページのトップへ


BACK ISSUES

このページに掲載されている情報の発信元
農畜産業振興機構 調査情報部 (担当:企画情報グループ )
Tel:03-3583-8713



このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.