[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2009年12月]

国内市場の動き[2009年12月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日




砂糖類情報
[2009年12月]


【市場の動き】

1.砂糖

〜荷動きは前年水準を下回る〜

 10月の砂糖の荷動きは、景気悪化による消費低迷が続き、前年を下回る低調な状況で推移したが、製糖各社が原料糖の国際価格の高騰を理由に、10月下旬以降の出荷分からメーカー建値(出荷価格)の値上げを発表したことから、仮需が発生しやや持ち直した。しかし、前年同期が高水準であったこともあり、出荷量は業務用及び家庭用とも前年水準を下回った。

2.異性化糖

〜全荷動きはおおむね減少〜

 10月の異性化糖の出荷量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比4.3%減の54,851トンとなった。規格区分別内訳においては、果糖含有率40%未満が12.2%減の457トン、40%以上50%未満が12.0%増の17,415トン、50%以上60%未満の標準タイプが6.9%減の38,056トン、60%以上のものが23.7%減の1,955トンとなった。

【市場価格の動向】

1.10月の砂糖の日経相場(東京)上白大袋価格は、8月に建値(出荷価格)を1キログラム当たり6円引き上げて以来、同169〜170円の水準で推移している。

  なお、製糖各社は、8月に建値の引き上げを実施したが、その後も原料糖の国際価格が一段と高騰し続け28年以来の高値水準となったことから、製糖各社の生産コストが大幅に押し上げられ、10月下旬からの出荷分から、再度メーカー建値(出荷価格)の1キログラム当たり5円値上げを打ち出している。


2.異性化糖の大口需要家向け価格(果糖分55%、東京・タンクローリーもの)は、4月下旬に日経相場を1キログラム当たり5円引き下げて以来、同121〜125円の水準で推移している。

 

異性化糖の出荷量の推移(21砂糖年度第1四半期)
(単位:固形換算、トン、%)
(注)独立行政法人農畜産業振興機構調べ



ページのトップへ




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.