[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2000年3月]

国内市場の動き[2000年3月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2000年3月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]

【市場の荷動き】

1.砂糖の1月の荷動きは、年末にコンピューターの西暦2000年問題に由来した、業務用(大袋)を中心とした在庫積み増しの仮需があったため、その反動として全般に低調な荷動きとなった。ただ、仮需の反動による減少については織り込み済みであり、12〜1月の荷動きを均して見れば、ほぼ前年並みとなったようである。
2.異性化糖の1月の移出数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比4.6%減の42,460トンとなった。対前年比がマイナスとなったのは平成11年7月以来、6カ月振りのことで2000年問題に対応した製品在庫の積み増しによるものの反動と考えられる。しかし、清涼飲料向け中心の果糖含有率60%以上のものは、引き続き好調で1月も同比22.3%増の3,309トンと大幅に増加している。

ページのトップへ

【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、平成11年5月11日以来、8カ月振りに2円引き下げられて1月18日に131円/kgとなった。今回の値下げは、海外粗糖相場の下落と円高による原料糖輸入コストの低下が反映されたものである。
2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリー物)価格は8月27日に75〜77円/kg(果糖分55%物・中心値)となって以来、同水準で推移している。
3.表はオーガニック・シュガー(パラグアイ産)の通関統計である。オーガニック・シュガーはオーガニック商品の原材料として欠かせないものであるが、消費者の健康・安全志向の高まりを背景として年々輸入が増加している。今までのように順調な伸びをみせるか、注目されるところである。なお、99年1〜11月の税関別輸入量は東京269トン、横浜38トン、神戸で14トンとなっている。

オーガニック・シュガーの輸入実績の推移
(単位:トン、円/トン)
  97年 98年 99年(1〜11月) 対前年同期比
その他のもの
(1701.99-200)
数量 単価 数量 単価 数量 単価 数量
(%)
単価
(%)
33 176,182 178 143,000 321 108,455 229.3 74.5

(農産流通部)
ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.