[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2000年7月]

国内市場の動き[2000年7月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2000年7月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]

【市場の荷動き】

1.砂糖の5月の荷動きは、ゴールデンウィーク期間中の天候が比較的好天に恵まれたことや連休明け後も比較的気温の高い日が多かったことから、飲料関係の大手ユーザー向けを中心として順調に推移し、5月全体としては前年実績を上回ったとみられている。
2.異性化糖の5月の移出数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比1.5%減の72,246トンとなり、ほぼ前年並みとなった。また、前月8カ月振りに減少した清涼飲料向け中心の果糖含有率60%以上のものは同比2.5%増の5,733トンと再び増加に転じた。
3.下表は事業団の事務所が5月20日に実施した砂糖の小売店販売価格調査からの抜粋(スーパーマーケット)である。事業団では、毎月20日を基準日とし調査を行っているが、4月1日から輸入粗糖の関税撤廃、輸入精製糖等の関税引き下げに伴い、4、5月は10日も調査日とし月2回調査を行った。
 その結果を見ると、都市により増減の幅はあるが全平均で比較すると、3月20日から5月20日の2ヵ月間で上白糖が3.7円、グラニュー糖が5.1円、三温糖が4.7円の値下がりとなり、粗糖関税撤廃等による価格の引き下げ効果が徐々に現れていることが分かる。
 なお、この調査は全国のスーパーマーケット78店舗、コンビニエンスストア25店舗、生活協同組合8店舗の111店舗で実施している。

ページのトップへ

【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、4月12日に7円引き下げられ124円/kgとなって以来、同水準で推移している。
2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は5月12日に1円/kg引き下げられ73〜75円/kg(果糖分55%もの・中心値)となって以来、同水準で推移している。

(農産流通部)
ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.