[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2001年5月]

国内市場の動き[2001年5月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2001年5月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の荷動き】

1.砂糖の3月の荷動きは、1, 2月が低調に推移した反動と下旬には春の行楽需要に製菓・飲料向けの荷動きもぼつぼつあり、3月全体としては前年並みとなった模様である。
2.異性化糖の3月の移出数量 (標準異性化糖換算) は、前月まで前年実績を下回って推移していたが、6ヵ月ぶりに前年を1.7トン上回り前年並みの6万4,034トンとなった。しかし、1〜3月の移出数量合計では、対前年同期比3.6%減の15万4,816トンとなっており、清涼飲料向けが中心である果糖含有率60%以上のものが大きく減少したことで、全体の減少につながっている。

ページのトップへ


【市場価格の動向】

1.3月の砂糖の日経相場 (東京) 上白大袋の価格は、2月19日に122円/kgとなって以来、同水準で推移している。
2.3月の異性化糖の大口需要家向け (東京・タンクローリーもの) 価格は、1月6日に73〜75円/kg (果糖分55%物、中心値) となって以来、同水準で推移している。

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)グラフ

異性化糖の移出数量の推移
(単位:固形換算、トン、%)
  規格区分 平成13年 (A) 平成12年 (B) (A)/(B)
1月 40%未満 425.725 366.648 116.1
40〜50% 15,110.167 15,689.265 96.3
50〜60% 27,351.701 26,930.894 101.6
60%以上 1,507.676 2,022.720 74.5
合  計 44,395.269 45,009.527 98.6
合計 (標準換算)計 41,633.184 42,459.858 98.1
2月 40%未満 440.043 403.583 109.0
40〜50% 16,140.594 18,386.346 87.8
50〜60% 33,579.216 35,243.536 95.3
60%以上 1,808.292 2,807.365 64.4
合  計 51,968.145 56,840.830 91.4
合計 (標準換算) 49,148.872 54,140.233 90.8
3月 40%未満 514.820 548.763 93.8
40〜50% 20,506.601 21,730.447 94.4
50〜60% 43,968.049 42,414.703 103.7
60%以上 2,488.458 2,852.178 87.2
合  計 67,477.928 67,546.091 99.9
合計 (標準換算) 64,033.646 64,031.944 100.0
1〜3月計 合  計 163,841.342 169,396.448 96.7
合計 (標準換算) 154,815.702 160,632.035 96.4

ページのトップへ


【その他】

(社)全国清涼飲料工業会が発表した2000年 (1〜12月) の清涼飲料生産統計によると、年間を通し比較的天候が良かったことと夏場の猛暑、残暑のため、生産量は過去最高だった前年をさらに上回り、32万6千kl (2.2%) 増の1,549万3千klを記録し、1人当たりの消費量も2,352ml (2.0%) 増の12万2,072mlとなった。
なかでも茶系飲料は32万3千kl (8.0%) 増の438万klと増加し、全生産量に占めるシェアも28.3%となった。特に緑茶飲料は、生産量の伸びが目立ち34万9千kl (52.8%) 増の101万klと初めて100万klの大台を超えた。

清涼飲料生産数量の推移
分  類 1999年 1億2,668万6千人 2000年 1億2,691万9千人
生産量
(kl)
前年比
(%)
1人当たり
の消費量
(ml)
シェア
(%)
生産量
(kl)
前年比
(%)
1人当たり
の消費量
(ml)
シェア
(%)
炭酸飲料 2,892,000 101.4 22,828 19.1 2,804,000 97.0 22,093 18.1
果実飲料 2,214,000 107.7 17,476 14.6 2,255,000 101.9 17,767 14.6
コーヒー飲料 2,600,000 101.5 20,523 17.1 2,610,000 100.4 20,564 16.8
茶系飲料 4,057,000 101.7 32,024 26.7 4,380,000 108.0 34,510 28.3
(緑茶飲料) (661,000) (108.4) (5,218) (4.4) (1,010,000) (152.8) (7,958) (6.5)
ミネラルウォーター 956,400 133.8 7,549 6.3 894,300 93.5 7,046 5.8
豆乳類 45,500 133.8 359 0.3 54,000 118.7 425 0.3
トマトジュース 90,000 100.0 710 0.6 74,000 82.2 583 0.5
その他野菜飲料 220,000 134.1 1,737 1.5 266,000 120.9 2,096 1.7
スポーツドリンク 1,156,000 108.5 9,125 7.6 1,378,000 119.2 10,857 8.9
乳性飲料 268,000 92.1 2,115 1.8 345,000 128.7 2,718 2.2
乳性飲料 (希釈用) 178,000 104.1 1,405 1.2 185,000 103.9 1,458 1.2
その他清涼飲料 490,000 101.9 3,868 3.2 248,000 50.6 1,954 1.6
合  計 15,166,900 104.8 119,720 100.0 15,493,300 102.2 122,072 100.0
注1. 緑茶飲料は茶系飲料の内数である。
 2. 果実飲料には果汁系ニアウォーターを含む。
 3. その他清涼飲料には機能性ニアウォーターを含む。
出典:全国清涼飲料工業会

〔農産流通部〕
ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.