[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2001年6月]

国内市場の動き[2001年6月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2001年6月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の荷動き】

1.砂糖の4月の荷動きは、ゴールデンウィークの行楽需要を見込み下旬には大小袋ともやや活発な動きとなったが、4月全体としては総じて低調に推移したと見られている。
2.異性化糖の4月の移出数量 (標準異性化糖換算) は、3月に6ヵ月ぶりの前年並み水準に回復したことから荷動きが注目されていたが、ゴールデンウィークの行楽需要を期待した動きとなり、対前年同月比4.4%増の77,610トンとなった。特に清涼飲料向けが中心である果糖含有率60%以上のものが同比10.7%増の5,556トンとなり全体の伸びにつながった。

ページのトップへ


【市場価格の動向】

1.4月の砂糖の日経相場 (東京) 上白大袋の価格は、2月19日に122円/kgとなって以来、同水準で推移している。
2.4月の異性化糖の大口需要家向け (東京・タンクローリーもの) 価格は、1月6日に73〜75円/kg (果糖分55%物、中心値) となって以来、同水準で推移している。【その他】 砂糖の用途別シェアーで約26%を占め最大の需要先である菓子類の生産数量が減少している。表は全日本菓子協会が発表した平成12年 (1〜12月) の菓子推定生産量であるが、平成9年から嗜好の変化、少子化、消費景気の不振などにより年々生産量が減少しているなかで、砂糖の含有量が多いチョコレートはヒット商品に恵まれたこと、カカオポリフェノールが活性酸素を抑える働きがあることが消費者に受け入れられ、順調に生産量を増大させる結果となった。

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)
日経市中相場の推移グラフ

ページのトップへ


【その他】

 砂糖の用途別シェアーで約26%を占め最大の需要先である菓子類の生産数量が減少している。表は全日本菓子協会が発表した平成12年 (1〜12月) の菓子推定生産量であるが、平成9年から嗜好の変化、少子化、消費景気の不振などにより年々生産量が減少しているなかで、砂糖の含有量が多いチョコレートはヒット商品に恵まれたこと、カカオポリフェノールが活性酸素を抑える働きがあることが消費者に受け入れられ、順調に生産量を増大させる結果となった。

平成12年菓子推定生産数量
(単位:トン、%)
品  目 平成10年 平成11年 平成12年
生産数量 前 年 比 生産数量 前 年 比 生産数量 前 年 比
飴菓子 154,200 99.48 152,000 98.57 150,000 98.70
チョコレート 190,500 100.53 200,600 105.30 217,000 108.20
チューインガム 45,600 100.00 44,700 98.03 43,600 97.50
せんべい 70,300 101.88 71,776 102.10 70,196 97.80
ビスケット 219,000 96.69 218,800 99.91 223,000 101.90
米菓 214,200 98.57 213,500 99.67 211,700 99.20
和生菓子 366,200 97.39 353,400 96.50 341.500 96.60
洋生菓子 236,900 97.89 225,240 95.08 216,500 96.10
スナック菓子 237,100 99.21 232,600 98.10 230,400 99.10
油菓子 64,300 101.58 62,700 97.51 61,450 98.00
その他 214,300 98.08 211,000 98.46 207,000 98.10
合計 2,012,600 98.57 1,986,316 98.69 1,972,346 99.30
出典:全日本菓子協会

〔農産流通部〕
ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.