[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2001年10月]

国内市場の動き[2001年10月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2001年10月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の荷動き】

1.気象庁が9月4日に発表した8月の気候統計によると、8月の関東甲信地方の気温は、猛暑の7月から一転して平年を0.4度下回ったが、西日本は平年を0.4〜0.8度も上回り暑い日が続いた。このため、砂糖の8月の荷動きは、地域によりバラつきはあったものの、引き続き清涼飲料向けを中心に液糖とグラニュー糖の需要は好調に推移したため、一般食品向けの大袋や家庭用小袋の不振をカバーし、全体としてはほぼ前年並みとなった模様である。
 なお、梅雨明けの時期が、関東甲信地方は当初発表より10日早い 「7月1日ごろ」、北陸地方も13日早い 「7月2日ごろ」 に、一方、西日本では近畿地方が当初より5日遅い 「7月19日ごろ」 に修正された。
2.異性化糖の8月の出荷数量 (標準異性化糖換算) は、清涼飲料の最大消費地である関東甲信地方の気温が平年を下回ったことや、甘味料を使用しない茶系飲料が増加した影響を受けたためか、前年同月比2.8%減の71,910トンとなった。

ページのトップへ


【市場価格の動向】

1. 砂糖の日経相場 (東京) 上白大袋の価格は、2月19日に122円/kgとなって以来、同水準で推移している。
2.異性化糖の大口需要家向け (東京・タンクローリーもの) 価格は、1月6日に73〜75円/kg (果糖分55%物、中心値) となって以来、同水準で推移している。

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)
日経市中相場の推移グラフ

ページのトップへ


【その他】

 農林水産省統計情報部が8月27日に発表した 「平成13年産 (2001年産) うめの収穫量及び出荷量」 によると、結果樹面積は1万7,400ヘクタールで前年並みであったが、10アール当たりの収量が前年産を2%上回ったため、収穫量は前年比2% (2,500トン) 増の12万3,700トンとなり、出荷量も同比1%増の10万5,800トンと小幅増加した。収穫量の主産地別シェアは和歌山県が53.68% (66,400トン) と最も多く、次いで群馬県が8.57%、長野県が3.29%、徳島県が2.60%、山梨県が1.79%となっている。
 なお、氷砂糖の販売量は梅酒、梅シロップ向けが約8割といわれている。一時の手作り果実酒ブームが現在は一段落しているが、青梅の出荷量が前年より小幅増加したこと、中国から梅干しの輸入が急増したため梅を青果として出荷する生産者が増えていることから氷砂糖メーカーが、前年の氷砂糖販売量 (17,735トン) を確保できたかどうか注目されるところである。

13年産うめの収穫量及び出荷量
府 県 結果樹面積
(ha)
収 穫 量
(t)
出 荷 量
(t)
対 前 年 比 (%)
結果樹面積 収 穫 量 出 荷 量 10a当り収量
 全 国 17,400 123,700 105,800 100 102 101 102
うち
 和 歌 山
4,310 66,400 64,800 103 99 99 96
 群 馬 1,330 10,600 8,890 102 116 112 114
 長 野 771 4,070 3,440 97 101 101 104
 徳 島 382 3,220 2,420 94 98 97 104
 山 梨 581 2,210 1,880 97 95 95 98
出典:農林水産省統計情報部

〔農産流通部〕
ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.