[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2002年7月]

国内市場の動き[2002年7月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2002年7月]

[市場の動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の動き】

1.5月の砂糖の荷動きは、ゴールデンウィーク明けの天候が不順だったことから業務用大袋はやや低調であったが、大手飲料メーカー向けの液糖やバルクものが好調に推移したため、全体としては前年をわずかに上回った模様である。なお、飲料向けの液糖、バルクものが好調な背景には、サッカーワールドカップ開催による特別需要が含まれているとみられている。
2.5月の異性化糖の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比0.3%減の75,023トンとわずかに減少した。規格別内訳は、果糖含有率50%未満のものは減少となったものの、引き続き清涼飲料向け中心の高果糖もの(果糖含有率50%以上)は同比3.1% (1,785トン) 増の58,635トンと好調に推移している。

ページのトップへ

【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)の価格は、精製糖メーカー各社が為替相場の円高傾向と輸入コストの指標となるニューヨーク粗糖価格の下落を受け、特約店に出荷価格の値下げを表明していたが、5月17日に上白がkg当たり1円下落し121円/kgとなった。なお、上白以外のすべての糖種も東京・大阪両地区で同時に1円/kg下落した。
2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、2月上旬に1円/kg下がり70〜73円/kg(果糖分55%物、中心値)となって以来、同水準で推移している。

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)
日経市中相場の推移グラフ

ページのトップへ

【その他】

○1異性化糖の値上げ交渉について
 異性化糖メーカー各社は、円安に伴う主原料のとうもろこしの価格上昇を背景に4月出荷分からkg当たり2円の値上げを表明し、値上げが浸透するか注目されていた。しかし、競合する砂糖が5月中旬に値下がりしたことや、大口需要家である大手飲料メーカーが異性化糖の調達に入札を導入したことが、値上げに対する抑制材料となり、今回の値上げ交渉は不調に終わった。
〔農産流通部〕

ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.