[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2002年8月]

国内市場の動き[2002年8月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2002年8月]

[市場の動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の動き】

1.6月の砂糖の荷動きは、サッカーワールドカップ開催を控えた4〜5月が清涼飲料向け等の特別需要が見込まれ、業務用の大袋を中心に好調だったものの、6月に入るとその反動と総じて天候が不順だったことなどにより、全般に低調な動きとなり、前年並みの実績を確保できたかどうか微妙な状況となっている。
2.異性化糖の6月の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年比9.3%増の82,039トンとなった。規格別内訳では、果糖含有率50%未満のものは減少したものの、引き続き清涼飲料向け中心の高果糖もの(果糖含有率50%以上)は同比13.5%(7,678トン)増の64,646トンとなり好調に推移している。
また、4〜6月の移出数量合計(標準異性化糖換算)は対前年同期比3.9%(8,994トン)増の236,876トンとなったが、同期間でも果糖含有率50%未満のものの落ち込みを高果糖ものがカバーしている傾向が見られる。

異性化糖の出荷数量の推移
(単位:固形換算、トン、%)
  規格区分 平成14年 (A) 平成13年 (B) (A) / (B) ×100
4月 40%未満 663.575 553.841 119.8
40〜50% 22,306.469 23,499.893 94.9
50〜60% 53,996.389 53,747.667 100.5
60%以上 5,105.849 3,396.343 15.3
合 計 82,072.282 81,197.744 101.1
合計 (標準換算) 79,813.725 77,610.244 102.8
5月 40%未満 427.569 469.902 91.0
40〜50% 21,094.675 23,653.141 89.2
50〜60% 49,736.524 50,211.409 99.1
60%以上 5,438.985 4,057.910 134.0
合 計 76,697.753 78,392.362 97.8
合計 (標準換算) 75,022.976 75,220.008 99.7
6月 40%未満 503.163 516.562 97.4
40〜50% 22,347.497 23,240.690 96.2
50〜60% 54,894.862 50,768.578 108.1
60%以上 5,960.219 3,789.065 157.3
合 計 83,705.741 78,314.895 106.9
合計 (標準換算) 82,039.270 75,051.887 106.9
4〜6月計 合 計 242,475.776 237,905.001 101.9
合計 (標準換算) 236,875.971 227,882.139 103.9

ページのトップへ

【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、5月17日に1円/kg下がり121円/kgとなっていたが、6月24日には、輸入コストの指標となるニューヨーク粗糖価格の下落と為替相場の円高・ドル安基調を背景にkg当たり1円下落し120円/kgとなった。この下落は製糖メーカーの工場出荷価格の引き下げによるものではなかったことから、特約店は工場出荷価格の引下げを要請し、製糖メーカー各社は7月5日の工場出荷分から価格を1円/kg引下げる結果となった。
2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、2月上旬に1円/kg下がり70〜72円/kg(果糖分55%物、中心値)となって以来、同水準で推移している。

日経市中相場の推移(東京・上白大袋・月平均)
日経市中相場の推移グラフ

ページのトップへ

【その他】

 表は日本貿易統計によるとうもろこし(コーンスターチ用 統計品目番号1005.90−091)の原産地別輸入実績である。
 アメリカ産とうもろこしの輸入は、平成12年10月、未承認の遺伝子組替え品種「スターリンク」の混入問題から長い間、低水準で推移していたが、アメリカ政府が昨年からスターリンクの作付けを禁止し、市場から事実上スターリンクが姿を消したことを受け、5月の輸入数量は前年同月比6万2,734トン(36.4%)増の23万4,879トンと大幅に増加した。また、同月の総輸入量に占めるアメリカの割合も77.4%となり、13年5月の54.2%から23.2ポイント上昇した。なお、5月までの累計は59.1%とまだ前年を8.6ポイント下回っているが、今後もこのような輸入状況が続けばアメリカ産のシェアーは増大することが見込まれる。

とうもろこし (コーンスターチ用) の原産地別輸入実績
(単位:トン、%)
国  名 2000年 (平成12年) 2001年 (平成13年) 2002年 (平成14年)
5月 1〜5月 5月 割合 1〜5月 割合 5月 割合 1〜5月 割合
中国     32,235 10.1 103,159 7.1 0 0.0 20,853 1.6
アメリカ 329,143 1,501,237 172,145 54.2 981,783 67.7 234,879 77.4 766,147 59.1
ブラジル     36,027 11.3 36,027 2.5 67,712 22.3 324,621 25.1
アルゼンチン     40,290 12.7 63,011 4.4 0 0.0 61,896 4.8
南アフリカ     37,078 11.7 265,416 18.3 980 0.3 122,267 9.4
329,143 1,501,237 317,775 100.0 1,449,396 100.0 303,571 100.0 1,295,784 100.0

〔農産流通部〕
ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.