[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2003年2月]

国内市場の動き[2003年2月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2003年2月]

[市場の動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の動き】

1.毎年12月は年末年始の需要を控え業務用大袋・家庭用小袋とも活発な荷動きをする月であり、更に今年は例年より長い休みとなり、それを見込んだ動きも期待された。
 12月上旬の荷動きが寒波や雪模様の天候の影響で動きは鈍かったことと、10月、11月と2ヶ月連続して砂糖の日経相場が2円/kg上昇し124円/kgとなったことから、業務用大袋を中心とした駆け込み的な需要の反動もあり、月内を通し荷動きは低調に推移し、全体としては、前年をかなり下回ったようで当初の期待を裏切る結果となった。

2.異性化糖の12月の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年比1.6%減の48,813トンとなった。規格区分別内訳では引き続き果糖含有率60%以上のものは好調だが、10月、11月に比べるとその伸びは少なかったことと、一番ウェイトの大きい果糖含有率50〜60%ものが同比5.0%減の31,794トン(全体の65.1%)と減少したため、合計では前年をわずかに下回る結果となった。
 なお、10〜12月の四半期別出荷数量合計(標準異性化糖換算)は、10月、11月が好調であったため前年同期を6.8%(9,959トン)上回る156,000トンとなった。
異性化糖の出荷数量の推移 (単位:固形換算、トン、%)
  規格区分 平成14年(A) 平成13年(B) (A)/(B)×100
10月 40%未満 568.958 554.780 102.6
40〜50% 17,001.514 17,059.490 99.7
50〜60% 39,189.998 31,655.705 123.8
60%以上 3,494.137 2,307.460 151.4
合 計 60,254.607 51,568.435 116.8
合計(標準換算) 58,257.422 48,810.124 119.4
11月 40%未満 562.497 529.035 106.3
40〜50% 16,420.915 15,900.560 103.3
50〜60% 31,924.017 32,208.848 99.1
60%以上 2,507.316 1,780.527 140.8
合 計 51,414.745 50,418.970 102.0
合計(標準換算) 48,929.312 47,606.296 102.8
12月 40%未満 571.211 536.453 106.5
40〜50% 16,255.383 16,348.390 99.4
50〜60% 31,793.852 33,478.358 95.0
60%以上 2,589.906 2,026.232 127.8
合 計 51,210.352 52,389.433 97.7
合計(標準換算) 48,3813.348 49,624.620 98.4
10〜12月計
合 計 162,879.704 154,376.838 105.5
合計(標準換算) 156,000.082 146,041.040 106.8
ページのトップへ

【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、11月15日にkg当たり2円上昇し124円/kgとなって以来、同水準で推移している。

2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、11月23日付けの日経相場でkg当り2円上昇し72〜74円/kg(果糖分55%物、中心値)となって以来、同水準で推移している。
ページのトップへ

【その他】

○量販店における砂糖の特売状況について
 12月は年末年始を控え家庭用の小袋が一番動くと言われている。 農林水産省総合食料局物価対策室が発表した12月の砂糖の特売実施状況によると、特売は1,253調査店舗中、456店舗で実施され実施率は前月より0.1ポイント減の36.4%と大きな変動は見られなかった。しかし、その値引率の内訳は20%引き以下のものが14.1%(対前月−2.2%)、20〜50%引きが19.5%(同+1.8%)、50%引き以上が2.8%(同+0.4%)と値引率の低いものが減少し、高いものが増加する結果となった。

○14年産の沖縄県産黒糖の産糖見込み
 沖縄県農林水産部が取りまとめた14年産の沖縄県産黒糖の産糖見込み(11月現在)によると、今期は各島とも台風の被害が軽微でさとうきびの生育が順調となり、原料処理量も増加すると見込まれることから、産糖量は前年を大幅に上回る8,525トン(同+1,507トン、+21.5%)が見込まれ、今期は市中の沖縄県産黒糖の品薄感は多少解消すると期待されている。
 なお13年産の沖縄県産黒糖は台風の被害を受け単収が大きく落ち込んだ結果、産糖量は8千トンを大きく割り込む7,018トン(対前年−955トン、−12.0%)となった。
14年産沖縄県黒糖の産糖量見込み
14年産沖縄県黒糖の産糖量見込み

〔農産流通部〕
ページのトップへ

BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.