[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2003年6月]

国内市場の動き[2003年6月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2003年6月]

[市場の動き]  [市場価格の動向]  [その他]

【市場の動き】

1. 4月の砂糖の荷動きは、月末からのゴールデンウィーク需要を見込み活発な動きが期待されたが、今年は暦の関係で大型の年休にならなかったこととゴールデンウィーク期間中の前半に低気圧が短い周期で本州付近を通過し天気は周期的に変化したことなどから、中旬以降も活発な動きとはならず、業務用中心の大袋の不振を好調だった飲料向け液糖と家庭用小袋で補うことはできず、全体としては前年の水準をやや下回る結果となった。

2. 4月の異性化糖の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比5.8%減の75,202トンとやや減少した。規格区分別内訳では引き続き果糖含有率60%以上のものが同比3.6%増の8,650トンとなったが、その他の規格のものが揃って前年を下回ったため、合計の出荷数量では2ヶ月連続の減少となった。
ページのトップへ

【市場価格の動向】

1. 砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、11月15日にkg当たり2円上昇し124円/kgとなって以来、同水準で推移している。

2. 異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、2月8日付けの日経相場でkg当り2円上昇し74〜76円/kg(果糖分55%もの、中心値)となって以来、同水準で推移している。
ページのトップへ

【その他】

○2002年のお菓子の生産数量と小売金額について
 全日本菓子協会の調べによる2002年のお菓子の生産数量及び小売金額は長引く景気低迷とデフレの影響を受け、生産数量は前年を1.6%(32千トン)下回る1,923千トン、小売金額も前年を1.5%(493億円)下回る31,547億円とそれぞれ下回り1997年から6年連続での縮少となった。
 お菓子の種類別小売金額の内訳では、飴菓子は冬場にのど飴などが伸び前年を66億円(+2.9%)上回る2,356億円、ガムもキシリトール入りの虫歯を予防する効果のある商品が貢献し前年を48億円(+2.9%)上回る1,724億円となったが、ビスケットが△195億円(△6.2%)、スナック菓子△102億円(△2.7%)、和生菓子が△95億円(△1.9%)等と前年を大きく下回り、2002年のお菓子の国内市場規模(小売りベース)を縮小させる結果となった。

お菓子の生産数量の推移 (単位:千トン、%)
お菓子の生産数量の推移

お菓子の小売金額の推移 (単位:億円、%)
お菓子の生産数量の推移
注1 合計の欄は四捨五入の関係で必ずしも一致しない。
2 飴菓子にはキャンデー類、キャラメル、ドロップ、グミ、ゼリーが含まれる。
3 ビスケットにはビスケット、クッキー、クラッカー、サンドビスケット、プレッテル、半生ケーキ類が含まれる。
4 せんべいは小麦粉せんべいである。
5 米菓にはあられ、せんべい(うるち米製のもの)、あられ(もち米製のもの)が含まれる。
6 スナック菓子にはポテト系、コーン系が含まれる。
7 油菓子はかりんとうなどである。
8 その他には豆菓子、その他の焼き菓子、甘納豆、錠菓、清涼菓子、おこし、砂糖漬菓子が含まれる。

〔農産流通部〕
ページのトップへ

BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.