[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2003年12月]

国内市場の動き[2003年12月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2003年11月]


【市場の動き】

1. 10月の砂糖の荷動きは、精製糖メーカーの工場出荷価格の値上げを予想した駆け込み的な需要を期待したが、9月ほどの大きな仮需要はなく、業務用の大袋、家庭用の小袋ともほぼ前年並みの荷動きとなった。しかし、9月と10月の合計では前年を大きく上回る結果となり、今後消費が伸びなければ、その反動が11月以降、最大需要期の年末にかけて出てくることを精製糖メーカーは危惧している。

(参考)精製糖メーカーの溶糖量の推移 (単位:トン)
(注)独立行政法人農畜産業振興機構調べによる。

2. 10月の異性化糖の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比2.1%減の57,052トンとわずかに減少した。規格区分別内訳では、飲料向けが中心の果糖含有率60%以上のものが同比14.6%増の6,552トンと前月に続き好調であったものの、他の規格のものが全て前年を下回り全体の減少につながった。
ページのトップへ

【市場価格の動向】

1. 砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、10月15日に1kg当たり5円値上げされ127円/kgとなった。

2. 異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、10月18日付の日経相場でほぼ8ヶ月ぶりに1kg当たり5円値上げされ79〜81円/kg(果糖分55%もの、中心値)となったが、今回の値上げの要因としては、競合する砂糖の値上げに伴うものであると見られている。
ページのトップへ

【その他】

 表は異性化糖の規格区分別移出数量の推移である。天候等の要因により多少変化はあるものの、直近の14年度と元年を比較すると、果糖含有率40%未満、同40%以上〜50%未満のものは、それぞれ23.5%(△1,929トン)減の6,270トン、20.8%(△58,240トン)減の221,251トンと大幅に減少している。同50%以上〜60%未満のものは7.4%(+35,631トン)増の516,249トンとかなりの増加、同60%以上のものは約4.4倍(+38,344トン)となっている。近年の特徴として、清涼飲料や酒類向けが中心の高果糖タイプ(果糖含有率50%以上のもの)が大きく伸びており、全体に占める割合も徐々に増加し、今後もこの状況は続くものと思われる。

異性化糖規格区分別移出数量の推移(砂糖年度) (単位:トン、%)
(注)1.合計は四捨五入の関係で必ずしも一致しない。
   2.砂糖年度は10月から翌年の9月までである。
〔特産流通部〕
ページのトップへ

BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.