[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2004年5月]

国内市場の動き[2004年5月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[2004年5月]



【市場の動き】

1. 3月の砂糖は、精製糖メーカーが10%程度の減産を実施し需給の引き締めを図っている中荷動きが注目されたが、飲料向けの液糖やバラものなど業務用を中心にまずまずの動きをしたため、家庭用中心の小袋はやや不振だったものの、全体の出荷量としてはほぼ前年並みを確保したようである。

(参考)精製糖メーカーの溶糖量の推移 (単位:トン)
  12月 1月 2月
平成13事業年度 154,159 154,558 124,206
14事業年度 154,847 151,604 111,175
15事業年度 145,158 131,246 124,855
(注)独立行政法人農畜産業振興機構調べによる。

2. 3月の異性化糖の出荷数量(標準異性化糖換算)は、対前年同月比5.9%増の71,024トンとやや増加した。規格区分別内訳では全ての規格区分で前年を上回ったが、特に果糖含有率40%未満のものが好調で同比41.4%増の609トン(出荷数量)となった。
 なお、1〜3月の四半期別出荷数量合計(標準異性化糖換算)は、2月の不調を3月にカバーする結果となり、ほぼ前年同期並みの170,181トンとなった。

異性化糖の出荷数量の推移 (単位:固形換算、トン、%)
異性化糖の出荷数量の推移
(注)独立行政法人農畜産業振興機構の異性化糖売買実績による。
ページのトップへ

【市場価格の動向】

1. 砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、3月5日に127〜130円/kgとなったが精製糖メーカーの減産の影響から需給が締まり、4月2日下値がkg当り1円上昇し128〜130円/kg、9日には下値がkg当り2円上昇し130円/kgとなった。なお、大阪地区の上白大袋の価格は3月13日に130円/kgとなっている。

2. 異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、79〜81円/kg(果糖分55%もの、中心値)で推移していたが、原料コストの高騰と競合する砂糖が値上がりしたことから4月3日付けの日経相場で約6ヶ月ぶりにkg当り3円上昇し82〜84円/kgとなった。
ページのトップへ

【その他】

2003年の清涼飲料の生産について
 (社)全国清涼飲料工業会が発行している「清飲通信」によると、2003年(1〜12月)の清涼飲料生産量は、10年ぶりの冷夏にかかわらず過去最高だった前年並みの16,162千klとなった。
分類別に見ると、茶系飲料は前年比3.4%増であるが、その中で最大の割合を占める緑茶飲料は同比13.7%増の1,783,000klであった。その背景には、より健康志向を求めた新商品のヒットと静岡、八女等産地限定の商品が好調であったことである。また、前年大きく伸びたその他茶系飲料は他の茶系飲料の伸びのあおりを受け134,000klと同比51.1%と半減した。
 その他清涼飲料は同比38.3%増の711,000klとなったが、中でもアミノ酸飲料商品が大ヒットしたため大幅に増加した。

清涼飲料生産量の推移
清涼飲料生産量の推移
(社)全国清涼飲料工業会資料

(注1)果実飲料等には果汁系ニアウォーターを含む。
(注2)その他清涼飲料には機能性ニアウォーターを含む。
〔特産流通部〕
ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.