[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[2004年10月]

国内市場の動き[2004年10月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報

砂糖類をめぐる国内の動き
[2004年10月]


【市場の動き】

1. 気象庁が9月1日に発表した今夏(6〜8月)の気候統計値によると、3ヵ月の平均気温は北日本から東日本にかけて高く、金沢や高知、静岡など21地点で観測史上最高を記録した。東京でも平年を1.7度上回る26.5度となり、広い範囲で記録的な猛暑となった。7月の砂糖の荷動きは、猛暑を背景にグラニュ糖、液糖など飲料や冷菓などを中心に夏物商品向けは好調だったが、上白糖は家庭用小袋、菓子向けとも低調となった。また、6月下旬に精製糖メーカーが工場出荷価格をキログラム当たり2円引き上げるとの予想から駆け込み的な需要の反動による在庫が生じたため、同月の出荷量は前年をやや下回ったとみられている。
2. 8月の異性化糖の出荷数量(標準異性化糖換算)は、昨年の冷夏に対し、今夏は記録的な猛暑が続いたことから飲料向けが好調となったため、対前年同月比31.2%増の78,260トンとなった。規格区分別内訳ではすべての規格で軒並み前年を上回り、特に飲料向け中心の果糖含有率50%以上60%未満ものは同比32.4%増の53,416トン、果糖含有率60%以上ものは同比47.1%増の8,735トンと大幅に増加した。

(参考)精製糖メーカーの溶糖量の推移 (単位:トン)
  5月 6月 7月
平成14年 139,205 146,782 188,979
平成15年 150,924 157,739 190,336
平成16年 138,804 155,117 184,347
(注)独立行政法人農畜産業振興機構調べによる。

ページのトップへ

【市場価格の動向】

1. 砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、7月2日に132円/kgとなって以来、同水準で推移している。
2. 異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリーもの)価格は、8月7日付けの日経相場でキログラム当たり2円から5円値上がりし、86〜91円/kg(果糖分55%もの、中心値)となった。今回値上げは原料コストの上昇に加え、記録的な猛暑が飲料冷菓向けなどの需要急増につながり、値上交渉の追い風になったとみられている。
ページのトップへ

【その他】

○平成16年産うめの収穫量と氷砂糖の出荷量について
 下表は農林水産省大臣官房統計部が公表した平成16年産うめの収穫量および機構聞き取りによる平成15年度の氷砂糖の推定出荷数量である。
 うめの収穫量は、前年が主産地の和歌山県で開花期間中の低温など等の影響により受精が悪かったことに比べ、今年は天候に恵まれ着果数が多かったことから、前年を28.8%上回る113,700トンとなった。一方、氷砂糖の出荷数量は、うめの収穫量は増加したものの前年を3.0%下回る16,963トンとなり、1万7千トン台をわずかに割込むものと見込まれている。

うめの収穫量および氷砂糖の出荷数量の推移

〔特産流通部〕
ページのトップへ


BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.