[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[1999年2月]

国内市場の動き[1999年2月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[1999年2月]

[市場の荷動き]  [市場価格]

【市場の荷動き】

1. 12月の砂糖の荷動きは、初旬はそこそこであったが、中旬になると、ユーザー向けが一巡したのか緩慢となった。下旬には、大手量販店が消費税還元セールなど積極的な販売を行ったことから小袋を中心に活発に動いたが、長引く不況は砂糖の売上げにも影響を与えたようで年末の荷動きとしては総じて盛り上がりに欠けるものとなった。
2. 精糖工業会は、平成9年度の砂糖の用途別消費動向 (暫定) を発表した。表1は、昭和62年〜平成元年の平均値と平成9年度を比較したものである。消費量は、ほぼ10年前と比べて309千トン、11.6%減少して2,359千トンとなっている。特に、家庭用は若年層を中心に消費者の家庭での台所離れというか、食生活の多様化が進展したことにより80千トン、18.4%と大幅に減少して354千トンとなった。
3. 平成10年10〜12月期の異性化糖の移出数量は表2のとおりとなっている。10月は例年になく暖かい日が続いたことから飲料向けが好調で、対前年同月比5,515トン増加して54,340トンとなった。11月は同比で多少の増加、12月はほぼ前年並みであったことから、10〜12月期の総計では6,208トン増加して151,735トン (標準異性化糖換算) となった。
4. 農林水産省食品流通局物価対策室が調査した量販店における12月の特売実施状況によると、砂糖の特売実施率は前月の38.0%から37.7% (調査店舗数1,238/実施店467) に減少、51%以上の大幅値引率は前月の2.2%から2.3%と僅かに上昇した。

表1:砂糖の用途別消費動向
(単位:千トン、%)
会計年度

用 途
62年〜元年平均値 平成9年(暫定)
消費量 比 率 消費量 比 率
合 計
 菓子類
 家庭用
 清涼飲料
 小口業務
 パン類
 ねり製品等
 乳製品
 調味料
 その他
2,668
637
434
312
176
154
138
131
92
594
100.0
23.9
16.3
11.7
6.6
5.8
5.2
4.9
3.4
22.2
2,359
587
354
381
203
159
143
185
119
228
100.0
24.9
15.0
16.2
8.6
6.7
6.1
7.8
5.0
9.7
(注)ねり製品等には、佃煮、漬け物を含む。

表2:異性化糖の移出数量等の推移
(単位;固形換算、kg、%)
  平成10年 (A) 平成9年 (B) (A) / (B)
10月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
548,719
19,624,556
35,426,444
2,182,801
567,226
18,823,893
31,625,643
1,501,488
96.7
104.3
112.0
145.4
合計(標準換算) 54,339,646 48,824,284 111.3
11月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
541,267
17,944,188
32,175,533
1,731,385
504,155
17,696,249
31,751,530
1,480,178
107.4
101.4
101.3
117.0
合計(標準換算) 49,061,683 48,013,687 102.2
12月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
473,110
18,454,739
31,628,060
1,409,027
536,681
18,323,176
31,868,227
1,515,994
88.2
99.3
100.8
92.9
合計(標準換算) 48,333,563 48,688,625 99.3
10/12月期 総合計(標準換算) 151,734,892 145,526,596 104.3

ページのトップへ


【市場価格】

1. 12月の日経上白大袋価格 (東京) は139円/kgで推移したが、年明けの1月には昨年の9月から年末に かけて国際相場が1ポンド当たり7〜8¢前後で推移したことに加えて、円高・ドル安基調が続いたため、7日に2円/kg引き下げて137円/kgとなった。
2. 異性化糖の大口需要家渡し (東京・タンクローリー物) 価格が、原料とうもろこしの国際相場安と円高・ドル安傾向を反映して、12月初旬に引き続き1月初旬にも1円/kg引き下げて78〜79円/kg (55%もの、中心値) となった。
 表3は、97年4月以降における異性化糖市中価格 (東京市場) と事業団売戻価格の推移である。
(農産流通部)

表3:異性化糖市中価格等の推移
(単位;円/kg、 円/トン)
年月 55%物 (液状) 売戻価格 (固形)
平成9年4月
5月
6月
9月
10月
11月
84.00
84.40
85.00
84.00
82.63
81.50
108,233
108,233
108,233
108,233
105,418
105,418
平成10年11月
12月
80.50
79.50
102,997
102,997
平成11年1月 78.50 99,025

ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.