[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[1999年9月]

国内市場の動き[1999年9月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[1999年9月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]

【市場の荷動き】

1.砂糖の7月の荷動きは総じてさえない動きであった。前半は梅雨明けが遅れ大手ユーザーも入用買いに終始した結果、低調となった。梅雨明け(関東で7月23日)後は東日本を中心として一転猛暑になり飲料・冷菓向けはまずまずの動きとなったが、製菓向けは閑散となった。一方、西日本は梅雨明け後も天候不順が続き荷動きは低調であった。
2.異性化糖の7月の移出数量(標準異性化糖換算)は、対前年比4.3%減の83,127トンとなった。これは、梅雨明けの遅れと梅雨明け後も西日本以西が天候不順で、主力の清涼飲料向けが不振だったことによる。
3.氷糖の最需要期である梅酒シーズンが終了した。今年は昨年からの繰り越した流通在庫が例年より多かったことに加え、主産地の和歌山県産の梅を梅酒メーカーが大量に確保したため品薄となり、最盛出回期でも店頭価格が1,200円/kgといった高値で高止まりし消費者の梅酒製造意欲の減退を招き、氷糖の販売量は対前年比約95%の17,100トンと前年実績を下回った。

ページのトップへ


【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は、5月10日に133円/kgになって以来、7月も同水準で推移している。
2.異性化糖の大口需要家渡し(東京・タンクローリー物)価格は原料とうもろこしの国際相場安を受け、平成10年11月から連続して下降し、7月末現在74〜76円/kg(果糖分55%物、中心値)となっている。異性化糖メーカーは夏場の需要期を迎え、清涼飲料メーカーなどの需要家に7月出荷分から1 当たり50銭〜1円の引き上げを求めている。需要家は荷動きの悪さなどを理由に抵抗したものの、8月入り1部の需要家は50銭前後の引き上げに応じた模様である。
 表は、平成10年10月以降における異性化糖市中価格(東京市場)の液状及び固形換算価格の推移である。
(農産流通部)

表:異性化糖市中価格(東京市場)の推移
年月 55%物(液状)
(円/kg)
55%物(固形)
(円/kg)
平成10年10月
11月
12月
81.50
80.50
79.50
108.67
107.33
106.00
平成11年1月
2月
3月
4月
5月
6月
78.50
77.50
76.50
75.50
75.00
75.00
104.67
103.33
102.00
100.67
100.00
100.00

ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.