[本文へジャンプ]

文字サイズ
  • 標準
  • 大きく
お問い合わせ
alic 独立行政法人農畜産業振興機構
砂糖 砂糖分野の各種業務の情報、情報誌「砂糖類情報」の記事、統計資料など

ホーム > 砂糖 > 砂糖・異性化糖の国内需給 > 国内市場の動き[1999年11月]

国内市場の動き[1999年11月]

印刷ページ

最終更新日:2010年3月6日

砂糖類ホームページ/国内情報


砂糖類をめぐる国内の動き
[1999年11月]

[市場の荷動き]  [市場価格の動向]

【市場の荷動き】

1.気象庁が発表した9月の気候統計によると、平均気温は全国に140以上ある観測地点のすべてで平年を上回り、そのうち7割近い99地点で9月の最高値を更新する記録的な残暑となった。特に、平年より3度以上高かったのは、東京、大阪、水戸、高山、京都、神戸、姫路など関東、中部、近畿地方の一部だが、全国的に見てもほとんどの地域が平年を2度以上上回った。また、降水量も台風や秋雨前線の影響で平年を上回るところが多く、特に台風16号、18号の通り道となった九州及び南西諸島などでは平年の2〜3倍の降水量を記録した。
 9月の砂糖の荷動きは、中旬まで残暑が厳しく清涼飲料、冷菓向けの液糖やバルクが好調に推移し、下旬からは大袋も彼岸需要らしき動きもあり荷動きは順調であった。
2.異性化糖の9月の移出数量(標準異性化糖換算)は、対前年比10.3%増の57,722トンとなった。表1は7〜9月の異性化糖の移出数量の推移である。7月は梅雨明けの遅れと梅雨明け後も西日本以西が天候不順で主力の清涼飲料向けが不振となったが、8月の猛暑、9月は厳しい残暑が続いたため2カ月連続で前年を上回る結果となった。
3.表2は平成11年8月の氷砂糖、角砂糖、棒砂糖その他これらに類するもの(1701.99-100)の通関統計である。昨年までワッフル製造用砂糖としてベルギーから大量に輸入されていた角砂糖が7月に20トン、8月にいたっては実績がなく、1〜8月の累計でも100トンにとどまっている。前年1〜8月は954トンであったので、89.5%の大幅減となりベルギーワッフルの人気も一段落したものと思われる。

表1 異性化糖の移出数量の推移
(単位:固形換算、kg、%)
規格区分 平成11年 (A) 平成12年 (B) (A) / (B)
7月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
合計
535,520
25,584,567
56,932,224
3,855,636
86,907,947
502,187
28,467,521
58,558,912
3,836,661
91,365,281
106.6
89.9
97.2
100.5
95.1
合計(標準換算) 83,127,234 86,904,277 95.7
8月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
合計
511,949
21,471,604
47,672,392
3,665,915
73,321,860
410,602
21,366,955
43,226,412
2,935,976
67,939,945
124.7
100.5
110.3
124.9
107.9
合計(標準換算) 70,399,738 64,615,171 109.0
9月 40%未満
40〜50%
50〜60%
60%以上
合計
427,854
18,944,262
38,200,818
2,919,097
60,492,031
471,359
19,145,503
33,983,988
2,104,113
55,704,963
90.8
98.9
112.4
138.7
108.6
合計(標準換算) 57,721,992 52,353,286 110.3
7〜9月計 合計 220,721,838 215,010,189 102.7
合計(標準換算) 211,248,964 203,872,734 103.6

表2 平成11年8月 砂糖の輸入通関実績
糖種 輸入原産地 平成11年8月 累計(1〜8月)
数量(トン) 金額(千円) 数量(トン) 金額(千円)
氷、角・棒砂糖等
(1701.99-100)
オランダ
ベルギー
フランス
ドイツ
アメリカ


35


8,167

627
20
100
245
0
0
2,894
11,035
71,107
242
2,930
合計 35 8,794 365 88,208
前年合計 60 19,122 1,259 212,627
対前年比(%) 58.3 46.0 29.0 241.5
前年ベルギー 18 2,341 954 127,334
(注) 数量0はトン未満。

ページのトップへ


【市場価格の動向】

1.砂糖の日経相場(東京)上白大袋の価格は10月からの新砂糖年度に入り、動きが注目されていたが、新砂糖年度の形成糖価(税抜き)が115,376円/t、対前期比283円/t安と下げ幅が小さかったため、市価の引き下げにはつながらず、5月11日に2円/kg引き下げ133円/kgになって以来、同水準で推移している。
2.異性化糖の大口需要家向け(東京・タンクローリー物)価格は、8月27日に1円/kg値上げし75〜77円/kg(果糖分55%物、中心値)になって以来同水準で推移している。
(農産流通部)

ページのトップへ



BACK ISSUES




このページのトップへ

Copyright 2016 Agriculture & Livestock Industries Corporation All rights Reserved.